90%以上の人が間違えている大人ニキビの治し方

中学生や高校生の思春期の時には、ほとんどニキビはできなかったのに、大人になって働き始めてからニキビが増えてきたという人が急増しています。あなたのその一人かもしれませんね。

20歳を過ぎたくらいからできてくる大人のにきびは、思春期の時にできるニキビとは原因が違います。

原因が違うので、当然治し方も異なるのですが、90%以上の人が正しい治療法を知らずに間違った肌ケアをしてにきびを悪化させています。

間違ったケアをしていると、治ったとしてもすぐにまた繰り返しニキビが出てきます。

大人になってからできるニキビを跡を残さずに綺麗に治すのは難しいです。

でも、安心して下さい。

このホームページでは、繰り返しできる大人のニキビの治し方を紹介します。

大人にきびの一番多い原因はストレス

ニキビの原因としてよく思われがちなのが皮脂の分泌が増加することです。

だからこまめに洗顔をして油を落として肌を清潔にしましょうとか乾燥しないように保湿をしっかりして潤いをキープしましょうとか言いますよね。

でも、これでは大人ニキビは治りません。これらは若い思春期の時にできるにきびの話しであって、大人のニキビは原因も治療法も少し異なります

それが分かっていないと、いくら洗顔をしても、保湿をしても、クリームやジェルを塗ってもちっとも治りません。

ストレスや女性ホルモンなど様々な原因が複雑に絡み合って大人のニキビができるのです。女性ホルモンが増えたり減ったりしてバランスが崩れると更年期障害にもなってしまいます。

また、多くの女性が悩まされている片頭痛も実は女性ホルモンが影響している事があります。

女性だけではなく男性も男性ホルモンやストレスの影響で、大人のにきび、更年期障害、片頭痛が引き起こされたりします。

難しい話しが出てきて、少し不安になった人もいるかもしれませんが、ご安心下さい。このホームページで誰にでも理解できるように分かりやすく原因、対策、予防などを紹介していますので、このホームページを隅から隅まで読めば必ずあなたのにきびは跡を残さずにキレイに治ります。